【 ビタミンMt 】  

vitaminmt.exblog.jp

大船山 冬の衣更え

【12月10日(火曜)】のこと。

ノリさんが火曜のお休みgetできたとのことで、
どこかに朝駆けしましょう!と、お誘いしてOKもらっちゃいました。
せっかくなので、ソロで朝駆けするのに躊躇してしまうところに行きたいです、とリクエスト。
阿蘇山か大船山で仮計画して前日のお天気で最終打ち合わせすることになりました。

すると、前日の9日はピンポイントで小雨がしとしと。
山頂付近は気温が低いので、
雨が雪になってるだろうけれど御来光はちょっと厳しいかも…。
また、阿蘇山はガスに包まれると九重連山と違い勝手が利かないので
大船山へ行くことに。

AM6:00に九重ICでノリさんと待ち合わせて長者原へ。
私たち以外の車はナシ。
ルートは大曲スタートなので、帰りは吉部に降りるお手軽コースに。
と、ここで吉部へ私の車を置きに移動。
吉部も私たち以外車はナシ。
そういえば、登山届手前の小さい駐車スペースに「駐車禁止」のコーンが置かれていました。
今後は300・1000円の有料駐車場しか使えないのかも(・ω・`)

そのまま大曲に向かったのですが、ちょっと足を延ばして牧ノ戸へ。
ここに2台だけ車がありました。
朝駆けの方のですかねー?といいつつ、温度計を見ると-4°。
しかし風がかなり強いので山頂での体感気温はかなり寒そう…。


サクっと準備を済ませて、いざ出発。
8:00ちょっと前に入山。
大曲から登るのはかなり久し振りです。
b0286982_1129989.jpg

三俣・星生など山頂はどこもガスの中。
ピンポイント予報では午後から快晴ということなので
焦ることも無く、のんびりノリさんとおしゃべりしながら、
あっという間に40分ほどでスガモリへ。
b0286982_11312861.jpg

昔は宿泊施設もあるとのことでしたが、今は名残の石垣と鐘だけ。
確かに、ガスが濃く発生しやすい場所なので
ここにそういった施設があると心強いでしょうね。

北千里の道にうっすら粉雪が積もってはいたけれど、
すぐに強風で流されては地面を舞っていました。
b0286982_11352048.jpg


心配していた左膝の痛みも疲れもなく、40分ほどで法華院へ。
ここでちょっと休憩。
b0286982_11383628.jpg

ようやく青空がチラホラ。

ノリさんがペースメイクをしてくれるのですが、
足の疲れ…というより疲労が全く無い状態。
登山口から法華院まで水分補給しないできたのは初めてです。
モチロン季節的な条件もあるのですが、
歩き方、歩行ペースについて今回とても良い勉強になりました。
b0286982_11444327.jpg

ちなみにノリさんの靴もSIRIO!しかも同色!
けれど値段は定価の三分の一で購入されたとか…買い物上手さん(/ω\)

さて、ミルクティとおやつで一休憩し、いよいよ大船山に取り付きです。
いつもはお昼でも鬱葱とした林もほとんど落葉して日が入り込み、まるで違う山のよう。
ところどころに樹氷の名残の雫がドロップ状に光っています。
b0286982_11485822.jpg


樹肌に呪文!
と、思ったら文字状に雫の名残が凍った様です。
b0286982_11503176.jpg


5合目のビューポイントで久住山方面が見えてきました。
どうやらあちら側は冠雪もほとんど残っていない様子。
向かいの三俣山もほとんど残っていないし…
となると、まだ今日一度も頂を見せていない大船山への期待が高まります。
段原の少し手前から、ようやく冬山らしいこんもりした樹氷が目立ってきました。
b0286982_11541598.jpg


そして、取り付きから80分ほどで山頂!
ハイ、ガスで真っ白!!
でも強風でもったりしたガスが吹き流され、合間に青空もチラホラ。
久住山方面は真っ白、御池の方へと視線を向かると…
b0286982_11571360.jpg

思わず、おお~~~~!と、声が出てしまうほど幻想的な風景!
紅葉の頃、真っ赤に染まった御池とは別の趣で迎えてくれました。

凍った足場に注意しながら御池の畔へ。
b0286982_12442037.jpg

b0286982_1201752.jpg

完全凍結、まではしていないようで
池の左右は少し凍り切れていないようでした。
ただ、その凍り切れていないところに面白いものが。
b0286982_122210.jpg

湖にハートが浮き上がっていました(´ω`*)これは嬉しい♪

池に岩が投げ込まれていたので、足場の凍結を確認しながらノリさんが除去に。
b0286982_1251285.jpg

しかし凍って池の一部になってしまっているらしく動かせませんでした。


風とガスにヤキモキしながら一旦山頂へ戻り、
ノリさんが用意してくれた鍋焼きうどんをご馳走になりました。
今回初めてツエルトに包まってみたんですが…
風が防げるってありがたいですねぇ~~~!!
悴んだ指先がすっかりほぐれ、また、うどんのスープで体の芯もポカポカ。

ふと、風が弱まった感じもありツエルトをめくると…
b0286982_129486.jpg

澄んだ青空とうっすら祖母山っぽいが!(n‘∀‘)η
手早く食事を片付け、二人で夢中でシャッターを切りますっ

【本日のベストショット】
冬化粧の御池
b0286982_12371284.jpg



阿蘇方面は相変わらずガスの中のようで、ぽっかり雲だけ。
b0286982_12121066.jpg


久住方面もようやく全景を見せてくれました。
冠雪は…やはりほとんど無いようですね。
b0286982_1213412.jpg


段原方面とノリさん。
青いダウンが雪に映えます♪
b0286982_12135281.jpg


山頂標識の横には、十日待ちの月がぽっこり。
b0286982_121539100.jpg


下山は吉部なので、おおよそ3時間くらい。
13時半には下山開始しないとなので、名残惜しいけれど出発。
b0286982_12222178.jpg


b0286982_12225993.jpg


ちなみに今回登りではアイゼン使用しませんでした。
下山時に山頂から7合目くらいまでのみ使用。

…一番必要だったのは吉部の急坂だったかも…。
その節はノリさん、大変ご心配・ご迷惑おかけしました(´Д`;)

坊ガヅルについてもテントも人影もなく。
結局この日は法華院のスタッフさん以外、登山者には全く会いませんでした。
くじゅうで人に会わなかったのは初めてです。ちょっとビックリ(・ω・)

16:30に吉部登山口へ到着!
無事ケガも左膝痛もなく下山することが出来ました。
しかし今回はホントに水分を取らなかった…。
全行程で1リットルも飲まなかったのは初めてです。

下山後はツリキチさんに登山報告をしてお風呂→ごはん。
今回は春日うどんさんで湯葉・さしみこんにゃく・くみ上げ豆腐・「夢ポーク丼」
b0286982_12195726.jpg

ちょっと甘辛いタレとこんもり盛られたお肉がとっても美味でした♪

ノリさん、今回もお付き合いありがとうございました(´∀`*)
[PR]
by vitamin-mt | 2013-12-11 12:25 | ビタミンMt