【 ビタミンMt 】  

vitaminmt.exblog.jp

星生山 ~まさかの雪崖~ 〈後出その1〉

溜め込んだ後出しまとめ、その1。
<11/17更新>

2014年2月25日(火曜)

バレンタインデーの豪雪の名残の残るくじゅうへ行ってきました。
久し振りのソロ登山、それも朝駆け。
午後から用事があるので、さくっと定番の星生山へ行くことにしました。

路面の凍結にドキドキしながらやまなみハイウェイを抜けて牧ノ戸へ。
幸い大曲付近で少し凍っていたくらいで、
路面には凍結はありませんでした。

が、牧ノ戸の駐車場は雪かきで寄せられた雪山があちこちで固まっていて、
駐車場の止められるスペースが限られていました。
(これは下山後の一枚)
b0286982_17554633.jpg


03:00に到着したところ、私以外に車が一台のみ。
早速準備して、いざ入山。

当たり前ですが、寒い!
でも、コンクリ階段抜けたら準備運動も終わりいつもの装備で十分。

沓掛山からルートを見下ろすと、ぽつんとヘッドライトの明かりがひとつ。
真っ暗な山の中を蛍のように光ったり消えたり。
多分駐車場にあった車の方かも?と思い、
ちょっとだけホッとしたり。
真っ暗な登山道は、一人で歩くと「怖い」というよりも
どこか思考を麻痺させる感じがあるんです。
ふと足を止めた時に、遠くにぽつんと見える灯りは
あれこれ考えて麻痺しかかった意識を呼び戻してくれます。
私だけかも(´ω`)


ゆっくりペースだったからか、東の空がすでに明るくなってきました。
星生山取り付きから久住山。
b0286982_15245640.jpg


ちなみに・・・。
くじゅうで一番多く登っている星生山ですが、
今回ほど怖い思いをした時はありません・・・。
取り付きから半分過ぎたくらいからでしょうか
踏み固められた足跡に沿って歩いていたのですが、
だんだんと傾斜が急になり
登るというよりも這い上がるといった感じの傾斜に・・・。
いつものように歩いて登ることが出来なくなり、
持っていたストックを短くして
ピッケルのようにして地面(斜面)に刺して稜線へ登りました。
b0286982_15345256.jpg


稜線に出ると、ぐるりと展望が開けます。
今日も良いお天気。

西千里・扇ヶ鼻~阿蘇方面
b0286982_15331822.jpg


涌蓋山~万年山 遠くにちょっとだけ英彦山
b0286982_1536233.jpg


三俣山~北千里・由布岳 ちょっとだけ平治岳
b0286982_17573375.jpg


阿蘇の涅槃像は薄い雪布団を羽織っている様子。
風もないようで、珍しくおヘソで茶が涌く状態(・ω・)
b0286982_1805072.jpg



山頂には先に行かれていた方が三脚をセットして御来光待ちでした。
私も慌てて三脚をセット。
b0286982_1831251.jpg


星生山からは、この時期大船山と中岳の間から御来光が出てきます。
サングラス忘れたためかなり眩しかったです・・・。
b0286982_1842798.jpg



先にいらっしゃっていた方は、そのまま稜線沿いにくじゅう分れへ。
b0286982_1874410.jpg


日も登り山頂からの風景も満喫したので下山しようと来た道へ。
ここでふと我に返ります。
這い登ってきた斜面を今度は降りなければならないのです・・・っ!
ちなみに私、かなりの高所恐怖症です(´Д`;)

斜度がどんな感じかというと、こんな感じ。
b0286982_18103462.jpg

お分かりいただけますでしょうか・・・?
無雪期なら緩く蛇行しながら登るので斜度はそんなに気にならないのですが、
真っ直線に登るコースなのでちょっとエグい斜度です(私的に)
斜面を向いたり下を見ないようにしたりと4・5回挑戦してみましたが、
やはり怖くて・・・(/ω\)
もう一つのコース、ドウダンツツジのトンネルを抜けるコースから下山することに。
こちらもかなり積雪していて、
踏み跡以外の所に足を入れると
一気に膝の辺りまで埋まってしまいました。
b0286982_18161550.jpg

ズボッ

ちょうど下を見ると西千里を行く人が良い感じ。
b0286982_18142033.jpg


斜度の怖さが無ければ歩調も速く、あっという間に西千里へ。
のんびりと牧ノ戸まで下山します。

この雪道ともしばらくお別れ。
b0286982_18171531.jpg


b0286982_18193693.jpg


b0286982_1820585.jpg


b0286982_18234278.jpg


東屋のところで、筋湯・ゆのもと荘のあずささんとちょうどすれ違う。
今からご夫婦で登られるとのこと。
記念に一枚(・ω【◎】 パシャッ
b0286982_18253572.jpg


そうそう、今日もミヤちゃんが一緒でした。
b0286982_18255950.jpg


この時、雪の斜面を這い登るのを経験していて良かったです。
理由は夏の槍ヶ岳編にて・・・。
[PR]
by vitamin-mt | 2014-02-25 23:00 | ビタミンMt