【 ビタミンMt 】  

vitaminmt.exblog.jp

カテゴリ:ビタミンMt( 35 )

阿蘇 ラピュタへの道

【11月5日のこと】
b0286982_12534689.jpg


霧島からの帰り道、
程よく疲れ・お風呂で癒され・お腹を満たしました。
あとは…睡魔に屈するだけですよね(´ω`)

宮原SAでちょっと仮眠のつもりが、しっかり眠ってしまいました。
気が付いたら4時30分。
大観峰で朝日を見るにはちょっと厳しい…か?!
ノリさんは早めに起きていたみたいで急いで阿蘇へ。

ただ、よくよく思い返すと…大観峰はゲートが閉まってるんですよね。
そこでちょっと変更して、前々から行ってみたかった「ラピュタの道」へ。

場所の目印の看板とかは無く、曲り口にお地蔵さんがあります。
(詳細はまた改めて)

google mapもあったのでペタリ

御来光には間に合いましたが、微妙にガスがむわむわしています。
b0286982_12561055.jpg

雲海が涌くほどではないようですが、
日の光でススキ野原が一面金色に染まって…これはこれでステキ!
b0286982_12551512.jpg


到着時にはすでに6台ほど車が止まっていて、
ベストスポットを確保されていました。
今回撮影したのはガードレール脇の所からでしたが、
ノリさん曰く、曲り口の所から藪を少し抜けたところの方が
高度感が出るので撮影には良いかもしれません。

また今度モッコモコの雲海が出そうな時に、リベンジしてきたいと思います~!
[PR]
by vitamin-mt | 2013-12-07 13:00 | ビタミンMt

霧島・韓国岳de池巡り ~大浪池~

【11月4日のこと】

11月はバタバタしてまして、すっかり更新が延びてしまいました(´Д`;)

先週、10月に大船山でお会いした三国山の会の方と
根子岳山頂でお会いした方々からお手紙を頂きました。
皆さんの写真をお送りしたのですが、喜んで頂けて何よりです♪
暖かいお手紙ありがとうございました。


さて、霧島紅葉巡り。
前半の白紫池・六観音御池・不動池をぐるり周回した後、
駐車場に戻って昼食。
午後はtamaさんも合流して、韓国岳の中腹にある大浪池へ。
最短で登れる大浪池登山口はものすごい渋滞らしいので、
えびの登山口側の散策路から登りました。
b0286982_12525411.jpg

時間的には、大浪池登山口が40分・えびの高原側が1時間ちょっとみたいです。

散策路は落葉樹が多く、木漏れ日も気持ちいい!
b0286982_12522012.jpg

また、よく道も整備されていて歩きやすかったです。
b0286982_12535051.jpg

b0286982_12535820.jpg

午前中のどんより雲も晴れて、青空に紅葉がとても良く映えました。
b0286982_12545886.jpg


もうちょっとで大浪池、というところで…ちょっとトラブルが。
左膝にじくじくとした痛みが…。
この日もサポーターでがっちり固定していたのですが、
まさかの痛みにちょっと嫌な汗が(´・ω・`)

とりあえず、サポーターを固定し直してすぐに大浪池に到着!
b0286982_1315530.jpg


b0286982_1258175.jpg

池の向こうに見えるのは韓国岳。
紅葉の具合はバッチリ、なのですが
なかなかいい具合に日が当たってくれずにヤキモキ。
b0286982_1321191.jpg

池の外周を反時計回りしながら撮影していくことにしました。

tamaさんに途中のビューポイントを教えて貰いながら(・ω【◎】 パシャッ
【今日のベストショット】
b0286982_132476.jpg


日が差し始めると、真剣な表情でシャッターを切るノリさん。
b0286982_1333682.jpg


池の折り返しにきたくらいで、新燃岳・高千穂峰が見えてきました。
b0286982_1341769.jpg

桜島も見えるはず…ですが、この日は×。
雲間にモコっとした雲が涌いたので、あれが噴煙かも?
b0286982_1355176.jpg


折り返しを過ぎてからは、風も強くなってきました。
岩場の淵に立てないくらいの突風もしばしば…。
そんな岩場に立つtamaさん
b0286982_1362550.jpg


ぐるっと一周して、さすがに日も影ってきたので足早に下山開始。
…なのですが、いよいよ膝痛ひどくなってきました。
撮影したりビューポイントに急いでる間は治まっていたのですが、
下り始めの階段で「ズッキーーーン!」と激痛も。
避難小屋の近くでサポーターを固定し直すついでに、
薬袋からロキソニンを一錠飲んでおきました。

ノリさん、tamaさんに先導してもらいながらなんとかえびの高原へ帰着。
辺り一面すっかり暗くなっていて、
満車だった駐車場には私たち以外の車は無くなっていました。

翌日お休みなこともあり、帰りは白鳥温泉に入って膝をアイシング。
やっとこの頃に痛み止めが効いたのか、じくじく痛が消えてくれました。
痛みが取れたら現金なもので…一気にお腹が空くワタシ。
えびの周辺にはお店がないので、そのまま高速に乗って宮原SAへ。

そう、お昼にノリさんから聞いた「カツ」のお話を忘れられず、
コレを頂きました!
b0286982_13154266.jpg

大満足(*´Д`*)


久し振りの遠出で紅葉と風景を満喫できました。
ノリさん、tamaさん、そしてわんこさんたち、ありがとうございました♪
[PR]
by vitamin-mt | 2013-11-27 13:13 | ビタミンMt

霧島・白鳥山de池巡り ~白紫池・六観音御池・不動池~

【11月4日(月・祭)のこと】

紅葉撮影3か所目は宮崎・鹿児島県境の霧島へ。
今回はノリさんと一緒にぐるーり周回登山!
本当はtsurikichiさんも一緒の予定だったのですが…
まさかの大ケガの為今回は断念(>_<)
石鎚山中止の件もあるので、全快したらリベンジ登山をせねばですっ!


11月3日のPM23:00に湯布院を出発して、ほぼノンストップ運転でえびのへ。

(自分用メモ)
小国経由・熊本ICまで1時間10分
熊本ICからえびのSAまで着替え休憩込みで1時間30分くらい


天気予報では、夜半に雨が上がり晴れるとのことだったのですが
なかなかしとしと雨が止まず…ノリさんとの待ち合わせ場所に到着。

とりあえず、登山口のあるえびのエコミュージアムまで移動したものの
しとしと雨どころか、一帯がもったりしたガスに覆われていて
出発するにはちょっと躊躇してしまう天気でした。

予定では、
(午前)韓国岳へ朝駆け→大浪池
(午後)白紫池・六観音御池・不動池
だったのですが…
ちょっと予定を変更しないといけない様子。

ここでtamaさんも合流しましたが、
やはり日の出は厳しそうなので韓国岳への朝駆けは中止することに。
レーダーを見ると8時くらいには天気が回復しそうなので、
とりあえず日の出を待って、午前中に白紫池~不動池の周回をすることにしました。

ザックのパッキングをし直して、しばし仮眠。
悪天候ながら登ってくる人は多く、
車の音や話声で結局ウトウトするだけでいつの間にか空が白んでました。

…白んでる?
雨は?
ガスは?

外を見ると、ガスに包まれていた韓国岳も姿を見せていました。
ノリさんも起きていたようで、ガスが抜けた空を見てお互いニンマリ。
予定を1時間早めて早速出発!

まずは白紫池。
b0286982_11323715.jpg

b0286982_1132697.jpg

水深がすごく浅そう。
これならスケートリンクにしても納得(割れても安心?)

池の周辺はとてもよく整備してるので、道に迷う心配は無さそうです。
木々もキレイ。
b0286982_11351994.jpg


しかし、なかなかすっきり晴れてくれません…。
ガスの流れに一喜一憂しながら白鳥山へ。
b0286982_11361486.jpg

b0286982_11362728.jpg

そういえば、ここから白紫池に戻る道だけ分かり難かったです。
電波塔のところをやや東に降りると道が見つかりました。

道が歩きやすいからか、日が登ると紅葉散策の人も増えてきました。
モフモフさん連れも多く目の保養(*´Д`*)

白紫池に降りて、今度は六観音御池へ。
b0286982_11423416.jpg

ようやく日が差してきました。
b0286982_11393676.jpg

展望所には三脚構えたカメラマンさんがたくさん!
ふとノリさんを見ると、
こっちこっち~!と抜け道を通って
ナイスな撮影場所へ行っているではないですか!
b0286982_11421279.jpg


その後もナイスな撮影場所へと行くノリさん。
えっ!ここですか?!と驚くようなところにも道があるのを見つけるのでビックリでした。
やはり良い撮影場所を見つけるセンスってあるのでしょうか(・ω・*)
b0286982_11444945.jpg

ガオー
b0286982_11451148.jpg


池周りの紅葉はちょうど良い時期だったようで、
いろんな秋の風景に出会えました。
b0286982_1148227.jpg


のんびり歩いて最後の不動池へ。
池のはずれにお不動様が。
b0286982_11501768.jpg

これは初めて観るタイプ…っ!(゚Д゚)


ぐるりと周回して駐車場で昼食。
山に行くと、いつもはお弁当やお湯を沸かして食べるのですが
レストランで昼食とかは初めてかも…。
鳥の味噌焼きを頂きましたが美味しかったです♪

しかしノリさんの「カツも美味しかった」の一言が…。

<<つづく>>
[PR]
by vitamin-mt | 2013-11-04 23:00 | ビタミンMt

2013年 根子岳紅葉 その2

<<つづき>>

マユミの木の下で休憩兼ねて写真を撮っていると、
上から2人組の男性が下りてこられたのでご挨拶を。

ふと、メガネをかけられた方の帽子を見ると
「のぼろ」の前身、「Green Walk」のバッジが。
b0286982_10531513.jpg

なんと、「のぼろ」秋号でファイブマウンテンズの写真を撮影された外西さんでした。
さらにご一緒されていたkabutoさんは、
翌週霧島へご一緒するtsurikichiさんのお友達ブロガーさんでした!
やっぱり山好きさんは、どこかしらで繋がりますねぇ~!と笑いあいました(´∀`)

なんでもお2人は御来光に染まる地獄谷を観に朝駆けされたとか。
kabutoさんの写真を見せて頂いて納得~!
とってもステキな写真に、来年の紅葉は朝駆けを!と誓いました
b0286982_113038100.jpg

この日は快晴+紅葉最盛期ということもあってか、
各地からベテランのカメラマンさんがいらっしゃってたいたようです。


もうひと踏ん張りして、
山頂!
b0286982_1182074.jpg

阿蘇のバカ尾根の横にある、鷲ヶ峰もハッキリ見えます。
b0286982_1110225.jpg

谷間の紅葉もキレイ!
b0286982_111419100.jpg

横にいた女性から、ここから見る紅葉は黄色がキレイなの、と教わりました。
確かに先週の大船山の赤とはまた違う感じの色合い。
青空に色とりどりの葉が映えてとってもキレイでした(p´▽`)

昼食は持参の巻きずしと、
柏田さんのワイルドラーメン(笑)
b0286982_1118284.jpg


下山前に天狗の手前まで行ってみました。
b0286982_11185140.jpg

あれはさすがにソロでは無理です(゚Д゚;)

滑りやすい道に注意しながら下山していると、
登りには無かった梯子が設置されていました。
b0286982_11201541.jpg

となたかが担ぎ上げてくださったのでしょうか。
ありがたや~!
(ちなみにkabutoさんのブログによると、外西さんが使用者第一号だったとか)

下山後、柏田さんの車で地獄谷の入り口へ。
b0286982_11223819.jpg

こちらの手前の方は、まだこれから紅葉と言った感じでしょうか。


キャプテンハウスに戻る前に、「あそ望の郷 くぎの」へ立ち寄りました。
ここは南阿蘇観光協会があって、免の石のツアー受付もしてもらえます。
産直のお野菜やお菓子もたくさん!
b0286982_11266100.jpg

コハルちゃん・・・(・ω・)なにより立派なドッグランもあり、展望も良くて立ち寄るにはピッタリです♪

お風呂に入って帰宅前には、柏田さん特製のタコスをお土産に頂きました。
今回初めてたでたんですが…とっても美味しい~~~~~~!!!
生地から手作りというだけあって、ざくざくの歯ごたえ・ソース・どれも絶品です♪

柏田さん、たくさんありがとうございました(´∀`)またご一緒しましょうね
b0286982_11294577.jpg

[PR]
by vitamin-mt | 2013-10-29 23:55 | ビタミンMt

2013年 根子岳紅葉 その1

大船山に続いて、見頃を迎えた根子岳へ。
根子岳と言えば、遠目から見ても一目でわかるギザギザとした山容。
ギザギザの由来の昔話を聞いた時は思わず笑ってしまったものです。
b0286982_1092476.jpg


朝駆けではないので、いつもよりはのんびり出発。
とはいえ、南阿蘇まで約2時間ちょっと。
5時には別府を出発でした。

途中、外輪山から。
ちょうど雲海がすっぽりと街を覆っていました。
b0286982_10134569.jpg

b0286982_1013574.jpg


根子岳は、年々山体崩落が進んでいるとは聞いていましたが、
昨年の水害が追い打ちをかけてしまったようで…。
複数ある登山ルートのうち、
今回はなんとか崖苦手な私でも登れそうな大戸尾根コースから。

ちなみに、今回は頼もしいガイドさんが一緒です(・∀・)
キャプテンハウスの柏田さん。
b0286982_10114191.jpg

昨年、免の石ツアーで案内を担当してくれたのです。

火曜日はお休みと聞いていたのでお誘いしてみたところ、
柏田さんが好きなヤカタガウドコースを行こうと思っていたらしく、
前日には登山道の崩落状況の偵察に行ってくださったとか。
以前の駐車場は落石や倒木で塞がれているため、
また落石が起きた場合は逃げ場がないので今回はパスということで…。
b0286982_10145529.jpg


登山口から6合目くらいまでは杉林の中をてくてく登ります。
b0286982_10154513.jpg

柏田さん曰く、「展望がないからこの道は飽きる!プンスカ!」とのことでしたが、
適度なアップダウンで祖母山の急登よりも登りやすかったと思います。
b0286982_10192911.jpg

ロープで岩場をよじ登る柏田さん。
やはり紅葉というとヤカタガウドコースがオススメみたいで、
時々すれ違う方々も「崩落さえなければ…」と溜息交じりに話していました。

大戸尾根コースも数か所大きな崩落が起きていました。
b0286982_10205019.jpg

壮絶…。
危険個所にはロープを張ってくれてるのがありがたいです。

7合目でようやく天狗岩にご挨拶。
b0286982_10225095.jpg


ビューポイントから
b0286982_10235447.jpg

ここもすぐ手前のところが大きく崩落していて、
山肌がむき出しになっていました…。

少し上の見晴らし台にて、マユミと九重連山。
b0286982_10271514.jpg


祖母山系も全景が見えます。
b0286982_10291121.jpg

こんなにすっきり見えたのは初めてかも…。

と、ここで山繋がりの出会いがありました。


<<つづく>>
[PR]
by vitamin-mt | 2013-10-29 23:50 | ビタミンMt

2013年 大船山紅葉 その2

<<つづき>>

安井さんのコーヒーにご馳走様して、いざ大船山へ。
b0286982_1053465.jpg


いつもは昼でも薄暗い沢の近くも、今日は日が差し込んでます。
b0286982_1054532.jpg

こんな標識も出来てました。
b0286982_10544816.jpg

扇山にも似たようなのがあったような(・ω・)

汗だくになりながら5合目の見晴らし台へ到着。
坊ガツル~三俣山の方を見てみると、雲一つない快晴です。
b0286982_10564892.jpg

北千里方面をズームUP
b0286982_1059513.jpg


久住・中岳~天狗方面
b0286982_1058141.jpg


すぐ上を見上げると、キレイに紅葉していました♪
b0286982_10594795.jpg


この辺りから団体さんと抜きつ抜かれつ、ふうふう言いながら登りました。
どちらからお越しか尋ねると、福岡の方からとのこと。
先頭を歩く女性の方がムードメーカーさんでしょうか、
見所スポットになると、
後ろの方に
「もう少し~!がんばってぇ~!」
「ここからの眺めが最高!」
と、励ます言葉が私にも励まし効果になったり(ノ∀`)
b0286982_11403256.jpg



7合目から山頂付近。
立っている人が見えてきました。
b0286982_1142865.jpg


【本日のお気に入り】
b0286982_1152358.jpg



段原に着くと、ものすごい混雑!
どうやら県警の救助訓練が行われているようでした。
b0286982_1173282.jpg

(翌日の新聞によると、約80人参加しての大規模なものだったようです)


一休みして、山頂へ。
さっきまではなかった雲が涌き始めました。
b0286982_118538.jpg

いざ、雲の上へ。

段原から15分ほどで到着!
b0286982_1195418.jpg

ここも大混雑(゜ω゜)

段原方面を振り返ると…山肌の紅葉が素晴らしかったです!
b0286982_1147571.jpg


御池の紅葉はどんなかと早速チェック。
b0286982_11175215.jpg

おお~~!!
あちこちから歓声が聞こえます。
b0286982_11182124.jpg

登っているときに、すれ違う方に紅葉のことを聞くと、
一様にニッコリしていた訳…納得です!

御池周辺の紅葉も気になるところですが…
坊ガツルでの休憩以降水以外口にしてなかったので、まずは昼食♪
お湯を沸かしてサンドイッチを口に入れた途端、
ゴオオオオオゥ!とものすごい音が近づいてきました。
何事?!と思ったら…なんと戦闘機?!
b0286982_1114946.jpg

b0286982_11142630.jpg

横にいた方曰く、日曜日に築城で航空祭があるから
ブルーインパルスじゃないかな?!とのことでした。
(FB情報では、F-2では?とのことです)

戦闘機、というと…なんとなく迷彩柄のイメージがあったからか、
青い機体は戦闘機というよりスタイリッシュな感じが…カッコ良かったです(*'ω')
こちらはヘリの訓練風景。
b0286982_11201478.jpg



お腹も満たされて、ふと御池の方を見ると…もこもこのガスが!
どうやら先程の雲と一緒にガスも上がってきたようです…。
b0286982_11234197.jpg

青空が池に写ったところを撮りたかったのですが…どうやらガスが抜けそうもなく断念。
しょんぼりしながら水面を見てみると、
散った葉が水面にぷかりと浮かんで金箔のように。
b0286982_11371525.jpg

ガスもうっすら赤みを帯びてるような。
b0286982_11241359.jpg


とはいえ、ガスにまかれてるのは池方面ばかり。
山頂標識付近は青空が見えています。

ちょうど登りでご一緒になった団体さんをパシャリ。
b0286982_11384023.jpg


【本日のベストショット】
b0286982_11264357.jpg

青い山脈が聞こえてきそう(人゜ω゜)♪

今日は日帰りなので、坊ガツルには15時には着いておきたいところ。
長者原までは急いでも1時間半以上かかるので、
少しペースを上げて下山開始です。

段原付近へ押し寄せるガスに思わず(゚Д【◎】 パシャッ。
b0286982_11284871.jpg


先程までの混雑はどこへやら、下山は静かなものでした。
ただ、14時過ぎても登る方もチラホラ。
法華院泊の方がほとんどでしたが、日帰りという方も…。

坊ガツル手前での一枚。
イリエさん?でしたっけ…?
b0286982_11313987.jpg

笑顔のチャーミングな方々でした(p´▽`)


坊ガツルへは15時半前に到着!
さっと顔だけ洗ってそのまま長者原へ。
ここからが早かった…1時間20分くらいで無事駐車場へ。
過去最速でしたが、さすがに膝が限界でした(´Д`;)
[PR]
by vitamin-mt | 2013-10-25 11:33 | ビタミンMt

2013年 大船山紅葉 その1

【10月22日(火曜)のこと】

今秋は台風の当たり年らしく、進路にヤキモキさせられています。
週明け、久し振りの晴れマーク。
これは行かねば、くじゅうに!
山友さんからも、大船山と三俣山の紅葉情報がチラホラ。
ギリギリまでどちらに行くか迷いましたが、
今回は大船山のみに目標を絞りました。
翌日お天気だったら三俣はMさんと行くかも?だったので(・ω・)

ただ、山に行くのに不安材料がひとつ。
左膝の痛みが再発してること。
最近、おかげさまで仕事が忙しかったからか
はたまた体のメンテナンスを怠ったからか
じくじくした痛みが起きる時があります。
とりあえずサポートタイツの上からサポーターを巻いて固定。
ちょっと仰々しいので、
今回もレッグウォーマーで誤魔化してみました。
b0286982_1140314.jpg

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


朝駆けしようかと思ったけれど、
前日仕事が終わるのが遅くなったため
日が登ってからの九重入りになってしまいました。
湯布院まで横着して高速、のち、やまなみを真っ直ぐ。

7時30分 長者原からスタート。
吉部からスタートにしようか迷いましたが、
三俣山へよくばりコースにしても帰りが便利なように、と。
b0286982_11431340.jpg


タデ原では、朝靄が薄野を覆って幻想的。
b0286982_11464512.jpg

ちなみに、木道の一部を取り換え工事していて
周回コース(テーブルがあるところ)からは通れなくなっていました。
b0286982_11473469.jpg

写真撮ったりしていたらたっぷり30分
思わぬ遠回りの洗礼を受けてしまいました(゚Д゚)


それにしても、長者原から坊ガツルに行くのは久し振りです。
自然観察道の中の木々の立札が新しく増えてたり。
そこかしこに紅葉のレッドカーペット。
b0286982_11502747.jpg


雨ヶ池からの三俣山。
b0286982_1154217.jpg

b0286982_11552778.jpg


一輪だけミヤマキリシマが咲いていました。
b0286982_11562654.jpg

冬眠前のミヤちゃんかも(・ω・)

坊ガツル手前のベンチから。
平治岳の中腹から上は紅葉しきれないのか、灰色ががった感じです。
b0286982_11575589.jpg

ベンチでご一緒した方。
愛媛・松山からお越しだそうです。
b0286982_1201945.jpg

坊ガツルでコーヒーをご馳走になりました♪
この日は長者原~坊ガツルを散歩とのこと。
平治岳へ行こうか迷われてましたが…ハテサテ。


<<つづく>>
[PR]
by vitamin-mt | 2013-10-24 12:03 | ビタミンMt

稲荷山

【10月10日(木曜)のこと】

大人の修学旅行と題して、大阪・京都へ行ってきました。
見所たくさんすぎて行くところをかなり迷いましたが、
今回は伏見稲荷大社へ。
b0286982_110368.jpg

(メインのブログの方に主に写真を載せています)

本殿に参拝して、せっかくなので山頂目指してみることに。
案内板によると本殿からは1時間ちょっとのようです。

朱い鳥居をくぐってくぐって、またくぐって…。
b0286982_1144955.jpg


山頂!一ノ峰です。
b0286982_1165098.jpg

この日は台風一過後のため、10月にしては珍しい夏日。
汗だっくだくになってしまい、神社の前のお茶屋さんで暫し休憩。
お店の方とお話していると、標識の書き込みに目が。
b0286982_11803.jpg

山頂から本殿まで69分→10分・好きなだけ
好きなだけってwwwwwwwwwwwww
こういうセンス、大好きです(ノ∀`*)

なんでもご主人が書き加えられたとか。
ちなみに今でも下まで10分らっくらくだそうです。
確かに一ノ峰まで登ってくる途中、トレラン?されてる方も数名見かけました。
ここは私も山ノボラーの端くれとして、
どれくらいで下山でいるかチャレンジしてみようではないですか!

※単にツレさんの予定が早めに終わり、急いで下に降りないといけなかったという…。


結果からいうと、一ノ峰から本殿まで約25分でした。
ブーツで速足+駆け足で降りながら写真を撮りつつだったので、
思っていたよりは早かったかも?しれません。
b0286982_11154084.jpg


下山してからのお茶が美味しかったこと!
[PR]
by vitamin-mt | 2013-10-10 23:50 | ビタミンMt

星生山 ~月明かりと雲海~

・9月21日(土曜)のこと


夏に由布川渓谷でご一緒した
ちーさん・ラナさんからお誘いを頂いて星生山へ朝駆けしてきました。
ガイドはけんさん、背負ったザックの重量は15キロだとか…恐るべし。

3:00に牧ノ戸出発
風もなく、火曜日みたいに冷え込まずで登りだしもサクっと。
仲秋の満月の翌日ということもあり、
登山道は煌々とした月明かりに照らされて歩きやすかったです。
久し振りの朝駆けと月光浴を満喫して山頂へ。
b0286982_1112455.jpg

目一杯のズームで撮影。
180mmだとこれが限界…。


ちーさんたちは初めての星生山ということでしたか、
ペースも早く山頂へは2時間弱で到着できました。
星生取り吹きから少しガスがまき始めて日の出まではもったりしたガスに覆われたりも。
けれど、雲間からチラリと見える月も乙なもので…。

月の周りにオーレオール(虹色の光冠)
b0286982_11134762.jpg


ちなみに今回三脚持ってくるのを忘れてしまいました(´・ω・`)
前日の満月を撮影した時、
家の2Fに設置したままで車に積み忘れるというウッカリ。
b0286982_11155283.jpg


けんさんが気合いを入れて撮影している間に、
久し振りにトラメジーノ持ち込んでホットサンド焼きにかかります。
b0286982_11164887.jpg

(ラナさん撮影)
フレンチトーストも準備したのですが、これは失敗!
5枚切りの場合、さらに半分にしないと卵液が垂れて焼きにくくなってしまいました。
あと、バターは多めに塗っておくこと。
カロリーが怖くて山メシ食べてられるか~~~~~!
…というくらいに塗った方が良いようです(´ω`)

そうこうしていると、次々に山頂に人が増え
皆さんあちこちにカメラを構えて御来光スタンバイ。

私も手ブレにこわごわしながら撮影。
b0286982_1123477.jpg

ちょうどガスも抜けて、雲海だけが残り良い感じになってくれました♪
火曜日の時とは、また違う感じ。
b0286982_11243080.jpg


【本日の一枚】
b0286982_112548.jpg

山頂手前に積まれていたケルン。
けんさんにWBの調整を教えて貰ったこともあり、
調整しながら撮ってみました。

こっちの引きで撮ったのも、雲海が良い感じに映えて好きです。
b0286982_1127146.jpg



この日は11時からお仕事の為、ここで私は下山。
ちーさんたちは扇ヶ鼻経由のルートだそうです。
b0286982_11293955.jpg

ナイスな笑顔(´∀`)

先日見かけなかったマツムシソウ。
b0286982_1129377.jpg

今年は会えないかと思っていたのでちょっと嬉しかったり(*'ω')


【おまけ】
もこもこ雲海に覆われる根子岳。
b0286982_11302347.jpg

「のぼろ」の特集で載っていた写真に素晴らしい紅葉の写真がありました。
今年はチャレンジしてみたいなぁ…。
[PR]
by vitamin-mt | 2013-09-21 23:50 | ビタミンMt

稲星山 ~まさかの大賑わい~

山ヘンタイ度UPしながら、天狗ヶ城・中岳を登ります。

中岳山頂から大船山・平治岳・坊がつる。
b0286982_9561361.jpg

眩しかった大船山の新緑が、うっすらと利休色に。
紅葉が楽しみです。

ロープとハシゴを降って稲星山方面へ向かいます。
b0286982_1001644.jpg

カメラをぶつけないように、そーっと。そーっと。

しかし本当にまれにみる快晴。

稲星山は好きな山なのですが、
どうも相性がイマイチで…今までガスが無い日に登ったことがありませんでした。
山頂からの久住町の風景にわくわくしながら山頂へ。
b0286982_103055.jpg


山頂からはぐるーり360°の大パノラマ!
b0286982_10438.jpg

阿蘇の涅槃像から八方ヶ岳もスッキリ見えます。
b0286982_1041884.jpg

某山ガイドブックに書いてあった稲星山のオススメポイント
「地球が丸いことを感じられる山」
納得です(*'ω')

ちょうどここで正午。
久し振りの山歩きでお腹もペコペコなので昼食。
準備を始めると、入れ代わり立ち代わりで他の登山者さんが登ってきました。
…そういえば星生~天狗~中岳は山頂が貸切でした。
いつもは三脚を構えた方がたくさんなのですが、この日は0。
逆に稲星はいつも貸切なのに、この日は次々に人がやってきます。

こちらは静岡からやってきたというイケメンさん。
b0286982_1091236.jpg

バイクでずっと山を登りながら九州までやってこられたとか。
阿蘇にキャンプを張っていて、明日は霧島の方へ向かうとか。
くじゅう界隈の山をスバラシイ!と褒めてくださって、
なんだか自分のことのように嬉しくなったり(ノ∀`)

こちらは高森町からお越しの3人衆。
b0286982_1011144.jpg

沢水方面から鳴子山へ直登できたとか。
本山登山道通れたのかな…スゴイ!
とっても気さくな方々でお菓子を頂いちゃいました。ごちそうサマです!

帰路はのんびりと花の撮影をしながら歩きました。
・アキノキリンソウ
b0286982_10131482.jpg


・リンドウ
b0286982_10135550.jpg


・ハクオウソウ
b0286982_10144687.jpg


b0286982_10151559.jpg


b0286982_10152992.jpg


総歩数31000歩
いやはや、よく歩きました(´∀`)ビタミンMt補給完了~♪
[PR]
by vitamin-mt | 2013-09-17 23:50 | ビタミンMt