【 ビタミンMt 】  

vitaminmt.exblog.jp

カテゴリ:ビタミンMt( 35 )

韓国岳 (朝駆け+満月)

【2013年5月25日(土)のこと】


ずっとずっと、登ってみたかった南九州の山々。
昨年入山規制が(一部)解除された霧島方面の、
韓国岳・高千穂峰を登るという知人さんの企画に乗って登ってきました。

意外、と言われるのですが
南九州には縁が薄く熊本市内以南は今まで3度ほどしか行ったことがありません。
今回鹿児島方面に向かったのも2010年の旅行以来です。

参加するにあたって悩むことも多々。
まず、現地までの時間がどれくらいかかるかということ。
カーナビの予測時間とgoogle mapの時間で、
ほぼ同じルートを計測しても1時間近く差があったため
これはもう実測してみないとだなぁ…と、
先日の八方ヶ岳の時のように最長時間を想定して出発しました。

<<結果>>
5時間30分予定→4時間ほどで到着
別府IC(22:10)~九重IC(22:45)~小国・大観峰経由で大津・熊本市内へ
23:50分前には熊本IC手前に到着。
付近のコンビニで10分ほど小休止、のち出発。
熊本IC(24:10)~山江SA(1:20?)20分ほど休憩+着替
えびのPA(2:10)ここでJさんと合流。
休憩の時間で少しずれるかもだけど、
別府~熊本が約2時間弱
熊本~えびのが約1時間50分弱、といったところでしょうか。
思ってたよりも近かったかも(・ω・)

今回のマップ
えびのエコミュージアムセンター(有料)に1台車をデポして、
10分ほど行ったところにある登山口へ。
(20台くらいは無料駐車スペースあり)

うっすらと霞む満月の、とろけるような光を浴びながら登山開始。
b0286982_15341077.jpg


登山道はよく整備されていて、迷う心配もなかったです。
ぐんぐんと高度が上がりあっという間に月と同じくらいの目線に。
8合目くらいからうっすらと東の空が白み始め、慌ててペースアップ。
…といいたいところですが、
うっすら霞んでいく空を撮影するのも止められずに
ついつい歩みがゆっくりゆっくり。
b0286982_1539059.jpg

まだまだ明るい月。手前の池は「大浪池」
反対側の東の空は、もう紫を通り越して橙色になり始め。
b0286982_1541188.jpg


そして山頂到着。
b0286982_15421174.jpg

登山口から1時間半くらいでしょうか。
久住と標高がそんなに変わらない割には、
山頂までのアクセスが早くて…なんとなくお得な気分。

標識と手前から「新燃岳」、奥が「高千穂峰」
b0286982_1544345.jpg

元々は韓国岳から獅子戸岳~新燃岳~中岳~高千穂峰と縦走もできたようですが、
2011年の新燃岳の噴火以降は2キロ圏内の入山規制の為、不可。
合間に大きな湖のような池が点々とあり、
縦走出来たらとても楽しそうな予感!
早く新燃岳の火山活動が落ち着いてほしいものです(´・ω・)

山頂ではマイミクKさんが一番乗りで撮影中でした。
合流して暫し撮影大会。
b0286982_15534353.jpg

火口の淵をものともしないKさん。
b0286982_15545687.jpg

見てる(撮影してる)私がガクブルします(´Д`;)



【本日の御来光】
b0286982_15523190.jpg


手前から「獅子戸岳」・「新燃岳」・「高千穂峰」
b0286982_15593685.jpg


大浪池にかかる韓国岳の影「影韓国」
b0286982_1621397.jpg

なんだか中二ぽくてアレだなぁ(・ω・)

山頂で軽食を食べて移動開始。
Jさんはこの後大浪池を回るルートをチョイス。
b0286982_1643031.jpg

正直、どちらのコースも魅力的でかなり迷ったのですが…
今回は元々の野望通り、高千穂峰を登ることにしました。


そうそう。
ミヤマキリシマは登山口付近はほぼ満開でしたか、
山頂付近はまだまだ蕾が固かったです。
b0286982_1671729.jpg

なんでも霧島山系では韓国岳の開花が一番遅いんだとか。

山頂の岩場に、ひっそりとイワカガミがいました。
b0286982_1672363.jpg



下山していると…いました!!本日のモフモフさんっ!!!
b0286982_1681396.jpg

名前は「ラウル」さん
御年8歳!韓国岳には飼い主さんと一緒によく登るんだとか。
初対面にもかかわらず、お疲れさまペロペロしてもらって大満足(*´Д`)
今日もモフモフッ素をチャージできて幸せ♪

登山口付近では、広島から来たという団体さんと暫しお話し。
その中のお1人が私と全く同じ登山靴で思わずハグされてしまいました。ウフフ
b0286982_16341323.jpg

Sirioの靴履いてる方、あまり見ないんですよね。
そうかと思うと、なおさんや2年前の由布岳の時みたいに全く同じ靴の方がいたり。
同じタイプ+同じカラーの靴以外見かけないという(・ω・)ふしぎ

登山口での1枚。
b0286982_16265282.jpg

この後、高千穂峰へ。


【本日のワタクシ】
b0286982_18545918.jpg

命!
(オロナインの「オ」じゃないの?とツッコミも…)
[PR]
by vitamin-mt | 2013-05-25 23:40 | ビタミンMt

八方ヶ岳(やほうがたけ) 熊本県・菊鹿町

(後出レポ)

由布岳山開きの熱の冷めやらぬまま、
熊本・菊鹿町「八方ヶ岳」へ登ってきました。
b0286982_8232097.jpg


この場所、登山よりも登山口に到着するまでが大変でした(´Д`;)
カーナビの到着予想では別府から3時間ちょっとだったのが、
実際走ってみると2時間弱で到着。
(ちなみに小国町から中津江を抜けていくコースです)
鯛生金山を抜けた辺りからドキドキする山道をひた走り、
集合場所の矢谷渓谷キャンプ場に到着。
…陽がある日中は良いですが、夕方・夜は走りたくない道です…。

当日は朝から快晴!
b0286982_8252643.jpg


途中、石楠花がお出迎えしてくれたりも。
b0286982_826372.jpg


登山口にて熊本組さんと合流。
最初は沢の近くをのんびり登ります。
b0286982_827918.jpg


新緑の合間を縫って山頂へ。
b0286982_8311932.jpg

崖の淵をのぞきこむマイコさん。
b0286982_8293693.jpg

この日は登山デビュー♪
かわいい山ガール姿がお似合いです(n‘∀‘)η

頭上には山椿がたくさん。
b0286982_8331083.jpg

足元にはナルコユリがたくさん。
b0286982_8351353.jpg

最初、アマドコロと間違えてたのですが
よく調べてみるとナルコユリの方が茎がかなり太いです。
開花前のが多かったので5月末くらいが見頃かも?

この日のモフモフッ素さん捕獲~!
飼い主さんと一緒に元気よく歩いていたダルメシアンのオッティくん。
b0286982_8361715.jpg

ハンサム(*゚∀゚)

のんび~り歩いて山頂到着!
山頂は360°ぐる~り大展望!
b0286982_8413728.jpg

ちょっと霞んでいたけれど、満足♪
いつもと違う方角からみる阿蘇・くじゅう方面は不思議な感じでした。
b0286982_8433285.jpg


昼食はカレーとホットサンド。
パンのサイズがちょっと大きかったかなー?
やっぱりトラメジーノには友永パンのマイスターがベストっぽいです。
b0286982_8451210.jpg



ジャンプ大会の後、のんびり下山。
カニ岩を見に行ったのですが…カニ?というよりはトトロ?な感じだった気が。
しかも岩場によじ登らないと見れないため、写真すら撮ってないという(´ω`)
カニ岩が目的でなければ、往路を戻った方が足には楽かもしれません。

林道にてカブトムシ捕獲。
b0286982_8484616.jpg




【おまけ】
山頂手前の標識
だれだ~!こんな細工をしたのは~!
b0286982_8393985.jpg

思わず笑ってしまったけど、落書は犯罪です。
ダメ・絶対!
b0286982_839518.jpg

[PR]
by vitamin-mt | 2013-05-14 23:40 | ビタミンMt

由布岳 ~2013年山開き~

(後出し日記)
Mixiの登山コミュのイベント企画で、
今年も由布岳山開きに参加してきました。


【タイムスケジュール】
・2時15分→集合・準備運動など
・2時30分→登山口出発
・3時20分→合野越
・4時30分→マタエ
・5時00分→由布岳東峰山頂

ここ2年、一緒に登っていたSさん♀・Sさん♂が
時間間違えてたり・寝坊したりで
一緒に出発できなかったのがちょっと残念でしたが
定時通りに正面登山口を出発。
b0286982_23261165.jpg

前日から快晴!夜景も星空もバッチリ見えました。

別府湾の真向かいには四国の山々がハッキリ見えたり。
b0286982_23291585.jpg

b0286982_23301138.jpg


塚原高原から県北方面の山々。
b0286982_23305762.jpg


九重連山もバッチリ。
b0286982_23323455.jpg

b0286982_23335559.jpg


山頂では、Sさん♀が弟さんと一緒に合流!
b0286982_23365380.jpg

レタス巻の差し入れを頂きました~♪
b0286982_2335178.jpg

疲れた体に沁みます、旨い!(*´艸`)


日も登ったし、腹ごしらえ・撮影も終わったので下山にかかります。
b0286982_23392027.jpg

b0286982_23424632.jpg

そう、8時30分から登山口で配布される
山開き祭記念品の『ダサかっこいい帽子』をゲットせねばなのです!

すっかり日も登ったから、登りでは気が付かなかった花にも目が。
・ミツバツツジ
b0286982_23415167.jpg

・ヤマザクラ
b0286982_041148.jpg

・キケマン
b0286982_23432830.jpg


この他に、エヒメアヤメやタチツボスミレも咲いていました♪

下山はトレラン希望チームとのんびりチームに分かれたのですが、
約1時間50分で登山口へ。
b0286982_23482473.jpg


b0286982_2350123.jpg


帽子配布にはギリギリ間に合った、と思ったら…
記念品貰う列の長さが例年よりもかなり長い…?
b0286982_23503927.jpg

いやぁ~な予感がして今年も樹林帯を抜けたところでダッシュ!
後から聞いた話では、配布時間を繰り上げていたようで…。
慌てて列に並びましたが、
なんと3人手前で締め切られてしまったそうです(´Д`;)ヾ

あまりの悔しさに打ちひしがれる一同。
そこになおさんがそっと帽子を一つ分けてくださいました。
これも恒例になりそうでイカンですね…。

さて、今年の記念品帽子はコレ!
b0286982_23563939.jpg

アレ?ダサかっこいいというか、
普通にカッコイイのでは…?

ちなみに今回、過去の記念帽子を被ってきていた方々。
b0286982_23582281.jpg
b0286982_23584356.jpg

b0286982_23585943.jpg


ここでSさん♂も合流。
寝坊の罰ゲームとして登っていないけれど、
頑張って登ったゼ!と、インタビューに答えて貰いました(鬼
b0286982_23554988.jpg


みんなで記念撮影をして、解散!
私はモフモフさんを撮影に…。
今回もたくさんのモフモフさんがいてて大満足(*´艸`)
b0286982_003048.jpg

b0286982_004976.jpg



ちなみに面白かったのが…
①昨年の山開きの時に撮影された写真が市報に掲載されていました!
別府市の職員さんが「来年のイベント告知欄に使いますので」とか
話していたのは何となく覚えていたのですが…
まさか本当に載せて貰えるとは(人゜ω゜)

②地元のTV局のインタビュー
みんなで集合写真を撮っていたところ、
報道?のカードを下げた方が通りすがりにシャッターを押してくださってですね…。
みんなで並んでいる時に、
「実はTV局のもので…」
え~、○○○タ○○とかですか~?(´∀`)
「正解です!」
えーーーーーーーーーーーーー!

山の魅力は?など、3つほど質問されましたが、
放送されたのは、そのうち2つほどでした。
OBSさん、ありがとうございます!

@CATVの方でもチラっと写っていたとか?
さーて、来年はどのメディアに載るか楽しみです(ノ∀`)ナンチャッテ
[PR]
by vitamin-mt | 2013-05-12 23:50 | ビタミンMt

九州脊梁・石楠山~山犬切

【11月26・27日(火曜・水曜)のこと】
九州の背骨ともいえる、脊梁山脈へ行ってきました。
しかも初キャンプです私。
念願のシュラフも買って準備万端!
昨年買って未開封だったエアライズ2もついに封印を解く日が!
…と思ったのですが、今回テントは同行者さんのにお邪魔させてもらうことに。
荷物が多かったし、シームコートもまだ塗ってなかったので封印を解くのはまた今度。

とにかくステキな場所でした。
ただ、アクセスがとても大変!
今まで私の中では祖母・傾辺りが大変と思っていましたが、
今回の登山口はそれ以上でした…。
「子守唄の里・五木」で待ち合わせしてトンネル口登山口へ向かったのですが、
途中落石はあちこち・ナビは全く利かない・看板も無し。
ルート経験者さん同行+小回りが利く車でないと難しいところです(´Д`;)ヾ

登山口に到着してパッキング、出発!
b0286982_10285469.jpg

トンネルの上には樹氷がキラキラ。
どうやら稜線はずっと樹氷が付いてるようでした。

最初の急斜がキツイキツイ!
b0286982_10313260.jpg

b0286982_10314492.jpg

Jさんのアドバイスのもと、これでもか!というくらいゆっくり登ります。
吉部登山口~暮雨ルートの急斜を思い出しました。

15分ほど歩いて稜線に。
ここからはゆるやかなアップダウン。
b0286982_1034037.jpg

雲一つない青空に樹氷が映えて、ため息が出るほどキレイでした。
b0286982_1034386.jpg


途中で見つけたオバケサイズのサルノコシカケ。
サルだけでなく、人が座れそうな大きさです。
b0286982_1036787.jpg



それにしても山深し!
平家の隠れ里がすぐ近くということもあるのですが…納得。
b0286982_1037250.jpg


ちょっと強めの風が吹くと樹氷がキラキラと落ちてきて、プチ吹雪に。
b0286982_10384771.jpg

白い桜のようにも見えてきます。
ブナ・クヌギが多いのですが、山桜もチラホラ。
あとヒメシャラも…うふふ。

ゆっくり登りながら今回の野営地に到着!
b0286982_1041426.jpg

テント設営してあったかお鍋を頂きました(*´Д`*)


<<<日没とほぼ同時に就寝>>>



そして、朝。
b0286982_10432982.jpg

真っ白~~~~~!!
すぐ上の写真と写真と見比べてもらえるとわかるかもですが、
辺り一面ガスがかかって真っ白に…。
Yさんは「ホビットが出てきそう」といってましたが…確かに。
地面には落ちた樹氷が白く積もり幻想的な風景になっていました。

テントの中で朝食を取り、撤収。

帰りは写真を撮りながらのんびりと。

サルノコシカケくまモン。
b0286982_10465734.jpg



Yさん、今日のオススメザッグはどれですか?
b0286982_1048451.jpg


「これこれ~~~!グレゴリーのトリコニ!これがいいよお客さん!」
b0286982_10513769.jpg

なんちゃって(・∀・)

そうそう、今回Yさんに貰ったソフトシェルを着て行きました。
これは重宝しそう!
b0286982_10533937.jpg



こちらはJさんが撮影した1枚。
b0286982_10552715.jpg

カッコよく撮っていただいて感謝!

b0286982_10594651.jpg

b0286982_10573959.jpg

b0286982_1102961.jpg

某登山部の皆さま、お世話になりました~~!
[PR]
by vitamin-mt | 2012-12-03 10:23 | ビタミンMt

尾平・ほしこがinn 

【10月27日(土曜)のこと】
10月28日に祖母山系・大障子岩にチャレンジする予定でした。


結果からいうと、チャレンジは天候の為延期になってしまったのですが
私個人的にも登山前日に家の事情でどうしても参加できないことに…。
3週間前から岩場+体力トライアルとして
ロングコースにチャレンジしたり
ずっと避けてきた由布西峰にチャレンジしたりと
ガッツリ山気分!に、モチベーションを上げていたせいか
チャレンジ出来ないと思うと…なおのことウズウズ(´・ω・)

夕方少し早めに仕事が終わったので
登山用にとっておきのおやつを用意していたこともあり
前泊しているメンバーさんにそのまま届けることにしました。
場所は尾平登山口付近の「ほしこがinn

カーナビで検索すると大分市内から3時間50分と表示され驚いたのですが、
実際には2時間ほどで到着できました。

しかし…原尻の滝から先の道中には驚かされてばかりです。
あの道を開拓された方々には、頭が下がります。
夜で真っ暗だったから怖さも倍増だったのかもですが
日中走ると別の意味で怖さ倍増な予感も…。

ほしこがinn手前の辺りでナビの案内が終了。
辺りを見回しても何にもありません:(゙'ω゙'):キャー!
少し手前に戻って明かりのついている民家にお邪魔して場所を尋ねると
もうひとつ先の大きなカーブを抜けたところにあるそうで。

恐る恐る車を進めると、
ちょうど心配してロッジの外に来てくれたメンバーさんに会うことが出来ました。
夕食も終わり談笑中のところにちびびと一緒にお邪魔しました。
私も鍋とおやつを頂いて暫し山談義。
b0286982_11504577.jpg

熊本から参加のTさんから頂いたスイーツの山!
とまと大福は衝撃的なお味でした。

大障子岩へは6時から登山開始予定。
車のデポもしていて準備万端!
…なのですが、やはり気になるのは天気。
早朝の天気次第では中止も、とのことでしたが
集まったメンバーさんは経験豊富な方ばかり。
雨での山の楽しみ方も心得てる感じでした。

ちびびはチーズを頂いて借りてきたネコ状態。
b0286982_11453392.jpg

(Yさん撮影)


結果的に大障子岩へは延期になったのですが、
メンバーさんは長湯→赤川登山口から久住に登られた様子。
サスガ!


次回は山頂までご一緒したいと思います(`・ω・´)
[PR]
by vitamin-mt | 2012-11-09 11:54 | ビタミンMt