【 ビタミンMt 】  

vitaminmt.exblog.jp

<   2013年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

由布川渓谷 ~今日のモフモフさん~

渓谷で見かけた美人さん♪
b0286982_1313027.jpg

チラりと見える白い靴下がとってもラブリーでした(´Д`*)

お名前は、メルモさんだったような。
ちょっと人見知りさんだったけれど、
渓谷の中へ、とぷんっと飛び込む大胆な一面も。
b0286982_132293.jpg

[PR]
by vitamin-mt | 2013-07-21 23:55 | モフモフッ素

由布川渓谷 ~チョックストーン撮影し隊~

由布川渓谷に行ってきました。
渓谷内に降りるのは10数年振りという。

実は数年前にも一度行ったのですが、
台風通過数日後で水量が増していて
なんと入り口の階段まで増水していたので
駐車場のお茶屋さんで、くずきりだけ食べて帰ったという切ない思い出があります。

今回はそのリベンジも兼ねて(・ω☆´)
まこっちゃんのチョックストーン撮影し隊に参加させてもらいました。
当日はノリさんの案内で良い感じの光芒を狙いつつ、チョックストーンを目指します。

ちなみに「チョックストーン」とは、

チョックストーン 【chockstone】
登山で、岩壁の割れ目にはまりこんでいる石のこと。チョック。


去年の南阿蘇・免の石もチョックストーンになるみたいです。
由布川渓谷の案内図やパンフには
「チェックストーン」と表記されてあるのでちょっと紛らわしい…かも。


今回は、挟間側の猿渡入り口から入渓!
b0286982_11174184.jpg


メンバーは総勢8名!
みんな渓流足袋やラッシュガードなど装備万全で来ていました。
そしてカメラ!
防水対策はモチロンなのですが
湿度がすごいため、すぐにレンズに水滴がついてしまいます。
ちなみに今回悲しいことが。
b0286982_11245192.jpg

パリーン
入渓前に買ったばかりのPLフィルターに交換しようと、
いつものフィルターを外そうとカバーを外したら…割れていました
ぶつけた覚えも全くないのですが、何かに圧迫されちゃったとか…かなぁ。
割れちゃったのはしょんぼりですが、
それよりもちょっとフンパツして買ったPLフィルターにわくわく。

そこかしこを流れる滝と渓谷のキレイさにうっとり。
b0286982_1127322.jpg


水銃持参のボンドガールも決めポーズが冴えますッ
b0286982_11365964.jpg


ところどころ水深が深いところもあり、
深いところでは胸下までとっぷり浸かってしまいました。
b0286982_1140264.jpg

右の石壁の下の方にうっすら白い線が入っているのが分かりますか?
増水時にはこのくらいまで水が上がってきてるラインなのです。

岩もゴツゴツしたところも多く、
また苔が良い感じにみっちり生えているので
足元に注意しながら奥へ向かいます。


椿入り口を過ぎて、さらに20分ほどで目的のチョックストーンが見えてきました。
b0286982_11411651.jpg

チラッ

撮影場所を見つけて三脚をセットするまこっちゃんたち。
ブロアーで水滴と格闘中!
b0286982_12205976.jpg


しばらくすると手前にいた別口の撮影隊さんがやってきて鮨詰状態に。
b0286982_11441156.jpg

ぎうぎう
全部で20人近くいたんじゃないのかな?

実はチョックストーンの撮影場所の手前に胸上まで浸かる場所があり、
そこで三脚を持ち運ぶのを断念した私。
手に持って普通に撮影していたのですが、
まこっちゃんが三脚を貸してくれて撮影してみると…

☆借りる前
b0286982_11465357.jpg


☆借りた後
b0286982_11481234.jpg


横着しないで持ってくれば良かった~~~!
と、すぐに三脚を取りに戻りました(´Д`;)

更に更に!
三脚を設置してピントを合わせようとしていたら、
まこっちゃんから手元で合わせる方法を教えて貰いました。

まこっちゃん「ちょ!ピント今まで合わせどうやってたの?」
私「じ、自分で動いて合わせてた・・・」
まこっちゃん「( ゚Д゚)」

…よくよく考えたら、去年の井原山の時も教わえてもらっていました。
60D購入して一年経つのに、猛省モノです~!!

猛省し、ピント合わせての一枚。
b0286982_11545072.jpg

キラキラしたのがファンタスティック!と思ったのですが、
コレ、フィルターにかかった飛沫が反射して写る効果だそうです。

たっぷり一時間近くチョックストーンのところにいたでしょうか。
人がどんどん増えてきたのと水が濁り始めてきたので入口へ戻ることに。

そうそう、この時、奥の滝壺へチャレンジする
カワウソさんのキャニオニングツアーの方々もいらっしゃってました。


戻りながら、滝に打たれてみたりも。
b0286982_1218950.jpg

(けんさん撮影分)
ものすごい水圧でしたが、なんとなく厄落としもできた気分!
ずぶ抜けになりましたがスッキリしました♪

道中はカメラは防水バッグに仕舞うことがほとんどだったのですが、
けんさんが防水カメラを持ってきていて大活躍でした!
お値段も一時期よりもかなりお得になってきたっぽいので気になるところ。

そうそう、けんさんにはコレも頂きました。
b0286982_1217174.jpg

バナナケーキ♪
さすがスイーツ番長、美味しくいただきました(´∀`)









ちなみにここ、アレが多いらしいんです。アレ。
ヘビ。
結果からいうと、渓谷内では全く遭遇しなかったのですが
実は入り口の階段を下りるとき、
手すりの横をオタマジャクシのしっぽみたいにピチピチしながら
枯葉に奥に潜りこむ細長いモノがいました。
たぶん、アレ、です。子蛇…。
渓谷に行かれる時は、皆さんもお気をつけて~!
[PR]
by vitamin-mt | 2013-07-21 23:10 | ビタミンMt

飯盛ヶ城 ~おかわり登山~

夜中からの登山もいよいよ下山。
今回は西峰での休憩を短く+ベテランさん揃いだということもあり、
下山予定の時間が大幅に早くなりました。

ので、合野越から「飯盛ヶ城」へ寄ることに。
おかわり登山です(´ω`*)
b0286982_1004352.jpg


振り返ると、由布岳山頂はまだガスに巻かれたまま。
b0286982_1025796.jpg


飯盛ヶ城山頂までは20分ほど。
ヤブも刈り込んであって歩きやすく、さくさくっと山頂へ。
b0286982_105176.jpg


山頂から由布院方面。
b0286982_1055726.jpg

由布岳のジグザグ登山道もくっきり見えます。
b0286982_10213943.jpg



山頂でちょっと休憩してそのまま登山口へ。
ちょうどコレで予定していた下山時刻の10時になりそうです。

下山を始めるとき、なぜかカメラの設定を変えた?みたいで写真がモノクロに。
見慣れた風景がガラっと変わって不思議な感じになりました。
b0286982_10102010.jpg


b0286982_10103695.jpg



一輪だけ咲いていた撫子。
b0286982_10111955.jpg



さて、この飯盛ヶ城から登山口までの下山道。
「なんじゃこりゃー!」
の、連発でした…。

山開きの時から比べると、かなり藪笹が伸びていて
深いところだと腰まですっぽり隠れました。
また、上から見たらわかりやすかった踏み跡も
藪に入ってしまうとどっちがどっちなのか分かり難いこと…(´Д`;)
b0286982_1014491.jpg

ここも同行者さんズに助けてもらいました。
ありがたや~!


下山後は別府市内に戻り、堀田の五湯苑さんへ。
久し振りに行ったら道がキレイになってて驚きました。


今回も同行者さんに助けられた感じです。
おかげで初コース、満喫+無事下山できました♪
いつもありがとうございます(*'ω')
[PR]
by vitamin-mt | 2013-07-13 23:55 | ビタミンMt

由布岳 ~今日のモフモフさん~

下山途中の合野越にて。
ご夫婦と一緒に登山中の「シンバ」くん。
b0286982_12535045.jpg

登山慣れしているらしく、余裕の表情!


山頂からノンストップで下ってきたので、
私たちもここでイップク。
西峰で飲まなかったジュースで乾杯!
b0286982_12544869.jpg

炭酸か沁みる~~~~!!!


そうそう、ここでチャチャ丸さんが気になるアイテムを見せてくれました。
b0286982_12553529.jpg

バードコール!

ちょっと気になってたアイテムなのですが、
早速鳴らすと…おお、すぐ近くで鳥がさえずり始めました。
コレは良いかも~!(n‘∀‘)η
[PR]
by vitamin-mt | 2013-07-13 23:50 | モフモフッ素

由布岳 ~東峰からのお鉢廻り~

5月の山開き以来の、由布岳へ登ってきました。
しかも今回は初チャレンジのルート、
東峰で御来光を観た後のお鉢廻りです。

ネット等で調べると西峰からお鉢廻りに行く方が多く、
東峰からというのは少ないようです。
西峰の鎖場を降りるかor登るかの違いもあるかもですね。

さすがに一人では躊躇しそうなので、
今回も同行者さんを募ったところ
きっちょむさん、ゆりねえさん、チャチャ丸さん(初)、岳さんが参加してくれることに。
頼もしいベテランさん揃いです(人゜ω゜)

仕事が終わるのが遅かった+久し振りの初ルートでドキドキしてなかなか寝付けず、
ほぼ完徹状態で集合場所へ。
みんなに聞くと、ほぼ同じような睡眠不足状態でした。

AM2:30に正面登山口をスタート。
天気も良く、空には天の川が見えるほどの満天の星。
人工衛星もバッチリ、流れ星もたくさん観ることが出来ました。

のんびり歩いて合野越・マタエを過ぎた辺りで
塚原方面が白んできてるのに気が付いて少しペースアップ。
東峰には日の出前に無事登頂。
ここからしばらく休憩+撮影。
青白く霞む祖母方面の山々。
b0286982_1254521.jpg


そして日の出。
b0286982_1265588.jpg

b0286982_1272235.jpg


b0286982_12383377.jpg

(チャチャ丸さん撮影)

例のトンガリ岩の上で開脚のゆりねえさん。
や…柔らかすぎるΣr(‘Д‘n)
b0286982_1275421.jpg


【本日のワタクシ】
ゆりねえさんのようなポーズは難度が高いので、月のポーズ。
b0286982_12201240.jpg


山頂での集合写真。
なぜか戦隊モノのようなポーズが私です。
b0286982_12321550.jpg

(きっちょむさん撮影)

西峰の向こうは雲海。
九重連山は見えたけれど、県北方面の山が織りなすグラデーションに暫し見惚れました。
b0286982_12203592.jpg

b0286982_12505023.jpg


体もボチボチ冷えてきたので、いよいよお鉢巡りへ。
b0286982_12234599.jpg

(ゆりねえさん撮影)
左奥のギザギザが剣ヶ峰。

最初は先頭を進んでいたんですが…
コレ
b0286982_1227922.jpg

ここの「ぱくん」と割れた岩でまごついてしまって岳さんに変わってもらいました。
教訓:あまりまじまじと岩の割れ目を見ないこと

b0286982_12343085.jpg

山頂から見るとトンガリっぷりが怖い剣ヶ峰ですが、
いざ登ると↑の割れ目越え程では無かったです。
前を誰かが歩いてくれるという安心感もあったかもですが(・ω・)
b0286982_1239680.jpg

越えてしまうと、あとはザラ石交じりの急登が少し。
ところどころ崩落の名残があり、慎重に。

50分ほどで西峰に登頂したものの、
東峰での好天はどこへやら…ガスがもったりと巻き始めてしまいました。
しかし、朝+太陽+ガスといえば…ブロッケン現象。
b0286982_12431220.jpg

ガスの切れ間に時々だったので、なかなかうまく撮影できませんでした(>_<)
ちょうどこの時くじゅうへ行っていたなおさんはブロッケン祭りだったとか。

天気の回復は厳しいと判断して、早々に下山。
この辺りはさすがにベテランさん揃いで早かったです。
b0286982_12445878.jpg


あんなに苦手だった鎖場もささっと抜けられました。
b0286982_12475387.jpg

やっぱり思い切りって大切です。


下りはちょっとオマケコースを。
【つづく】
[PR]
by vitamin-mt | 2013-07-13 23:30 | ビタミンMt

久住山 今日のモフモフさん

今日のモフモフさん(n‘∀‘)η

関東からのお友達との登山の為に、
牧ノ戸へ下見に来たという方が連れていたヨーキーのライムくん。
b0286982_11192233.jpg


チョロリと出た舌がキュートでした♪
b0286982_11201953.jpg




【本日のスイーツ】
Rさんが持ってきてくれたお菓子。
b0286982_11211447.jpg

豆乳クッキー!
しっかり後味まで豆乳でした。
これはハマっちゃうお味(*'ω')
[PR]
by vitamin-mt | 2013-07-08 23:30 | モフモフッ素

久住山 ~雲海と夏山~

少し前に「登山デビューしたい!」と連絡をもらっていたヨシエちゃん。
先日、ちょうど職場の方と九重へ向かったものの
生憎の雨の為ピークハントは成らず散策で終わったとか。


そんな時は高気圧おねえさん(笑)におまかせ!
昨年よりは下がってきたものの、晴天率8割キープ中
今回も予報では晴れ、いけるはず!


ちょうど熊本からTさん&Rさんが朝駆けに来るとのことで、
4人で星生山~久住山へ天の川+御来光を観に登ることに。

AM2:00牧ノ戸で待ち合わせ、出発。
沓掛山までは満天の星空。
ちょうど七夕だったこともあり、大満足♪

…も、束の間。
沓掛山を下ると、もくもくとガスが流れてきてあっという間に周囲は真っ白。
風はそこまで強くもないのでガスが流れる気配も無く…。
とりあえず星生山での御来光は断念。
くじゅう分かれの避難小屋で朝食に。

今回はTさんのカレーと私のフレンチトースト。
b0286982_10382941.jpg

(Tさん撮影)
久し振りにトラメジーノ持参。
パンはやっぱり友永パンのがサイズピッタリかも~?
焼き方は帝国ホテルのフレンチトーストのレシピを参考にしたら
なんと驚くほどフッカフカに焼きあがりました。
うーん、これは家でも食べたい(´∀`)

さて。
食べ終わったけれど未だガスは晴れず。
周囲は真っ白のまま。
ただ、陽が昇ってしばらくすると風が強く吹き始めました。

改めて聞くと、なんとTさんとRさんも初くじゅう。
せめてどこか一峰でも行きますか!ということで、久住山へ向かうことに。
風はどんどん強くなるものの、時折空が青くなるのも見えたり。
b0286982_10442927.jpg

そして山頂。
暫し、誰が言う訳でもなく待機。
b0286982_1050087.jpg

待つヨシエちゃん。
コロボックルみたいでカワイイ(*゚∀゚)

  ~待つこと数十分~

チラッ
b0286982_10454211.jpg

あ!
見えた!

そしてまた生クリームのようなガスに包まれる私たち。
チラッ
b0286982_10474349.jpg

晴れろ~!もっと晴れろ~~っ!
もっと!しっかり!くっきり!晴れろ~~~~!
…と、念じるながらカメラをようやく取り出す私。
実は山頂までカメラをザックに入れたままでした。

ようやくガスの切れ間が大きくなってきました。
b0286982_10542988.jpg

ちらり、と濃い緑。
今日はじめての新緑。

そして雲海の奥に阿蘇。
b0286982_10524039.jpg


ちょうどいい感じに岩場があったので、記念撮影タイム。
【本日のベストショット】
b0286982_10561572.jpg

FBの載せたのと別バージョンのヨシエちゃん。
3人の撮影をした後、私も岩場に立ってみたのですが…
結構な風が吹き付ける場所でなかなかのスリルが味わえる場所でした。
b0286982_1101461.jpg


阿蘇・祖母方面を満喫し、そろそろ下山しようかとザックに手をかけると
b0286982_10582610.jpg

ちょうど天狗~中岳の稜線が姿を現しました。
けれど、一瞬でまた雲の中に。

久住山の主岩さま(と、呼んでます)に見送られながら帰路へ。
b0286982_1104839.jpg


くじゅう分れへ向かう途中、またチラリと姿を見せる天狗と中岳。
b0286982_1121056.jpg

「今度はアッチに登りたい!」
と、ヨシエちゃん。
どうやら新たな山ガールの誕生のようです(´∀`)

すっかり新緑に衣更えした久住山。
b0286982_111738100.jpg


西千里を歩き始めると、星生稜線もキレイに見えるくらい。
b0286982_1152555.jpg

b0286982_117926.jpg


星生分岐でお会いした方。
b0286982_1135345.jpg

昨年ガスの中で積んだケルンを確認しに星生へ登るとか。

帰路は山口からお越しという方とおしゃべりしながら下山。
なかなか行く機会が無い山々のお話が聞けたりと勉強になりました♪

夏の花々
b0286982_1174479.jpg


b0286982_119071.jpg


b0286982_119441.jpg

コバギボウシ

b0286982_1110324.jpg

ウツボソウ


下山後は筋湯のうたせ湯でひとやすみ。
湯上りはモチロン炭酸で乾杯(ノ∀`)
私が湯布院でちょっと仕事があったためそのままお別れ。
三愛レストハウスのランチバイキングが気になったけれど、今回は見送り。

ヨシエちゃん、Tさん、Rさん、お疲れさまでした~♪
[PR]
by vitamin-mt | 2013-07-08 22:50 | ビタミンMt